手ぶらでバーベキュー、でも用意しておくと便利な物

バナー

手ぶらでバーベキュー、でも用意しておくと便利な物

バーベキューは管理施設などに行くと道具などを用意せずに手ぶらで楽しめます。

バーベキューを楽しむ時に必要な道具は、どのようにして火をつけるのかにより異なりますが、コンロを利用する場合と木炭などを利用する場合とでは道具も変わります。

木炭は管理施設で購入をし、所定の釜戸で使う事になりますが、火をつける時に使うのが着火剤です。

これは固形燃料であり簡単に火をつけることが出来、この火を種火にして木炭を燃やして火をつけることになります。

人気の多摩川でバーベキューに関する情報を紹介するサイトです。

着火剤も管理施設で購入が出来るので、手ぶらでも良いのです。

しかし、火力の調整と言うのは空気を送り込む事で強く出来ます。
この場合、有ると便利なのが団扇であり、団扇を仰いで空気を送り込むと火力を高められます。

教えてgooについての総合情報ポータルサイトです。

また、管理施設で食材を購入する場合は、予め下ごしらえが行われているのでそのままでも良いのですが、食材だけは自分達で調達をしたいと言う人も多いものです。


下ごしらえを自宅ではなくバーベキュー場に向かう途中で食材を調達した場合は、バーベキュー場で下ごしらえなどが必要になります。

そうなると、包丁やまな板と言ったグッズが必要になるわけです。尚、管理施設で包丁やまな板、そして食器類などを洗いたい場合など、シーズンともなると混雑しますので、長蛇の列となることも珍しくありません。
そこでお勧めなのがトイレットペーパーです。トイレットペーパーを使って汚れをふき取り、家に帰ってから綺麗に洗えば良いのです。