エンジニアスクールについて

目まぐるしく変化する時代の中で、私たちの働き方もさまざまな形に変化しています。

日本の主要産業といえば全国の会社の7割を占める中小企業そして製造業です。精密機器に使用する細かな部品作成から、工場で使用するマザーとなるロボットの作成まで現在に至るまで世界トップクラスの技術力を背景に大きな経済規模を持つにいたっています。

しかし、一部の分野では安価な価格で販売できる新興国の製品に押されている状況です。経済定名構造が何十年も変化していない状態では、今後日本は厳しい状況に立たされるとされています。主力産業である製造業を維持しながらも、イノベーションを起こしやすい分野へ触手を伸ばすことは今後世界で戦っていう上で非常に重要です。そんな中、今最もイノベーションが起こっている現場がIT関連の企業となっています。インターネットの普及とともにデジタル分野ではそのエンジニアの需要が高まっている状況です。

システムを構築するエンジニアやパソコンの司令塔となるプログラムの作成を行うプログラミングエンジニアなどこれまで無かった分野の職業が注目を集めています。今後、人口減少や人手不足により縮小傾向になると考えられているサービス業や製造業などから手に職をつけることで転職したいという社会人や、小学校に通う子供までスクールに通っている状態です。スクールの数は全国に広がっており、就職活動の斡旋などを行うスクールまで登場しています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *