ソフトウェアのウィンドウシステム

古いパソコンを使っていたことのある人なら、ひとつの画面に一つのソフトウェアしか表示できないという時代を知っているのではないでしょうか。

最近ではタブレットやスマホが普及していて、これらではひとつのアプリしか表示できないことが多いですが、パソコンもかつては一つのソフトウェアしか表示できなかったのです。現在では複数のものを同時に利用することが可能となってきているのですが、それができるようになったのはウィンドウシステムが発達したからだと言えるでしょう。ウィンドウシステムが開発されたことによって、異なるタスクを複数同時に実行し、そしてそれを画面に割り当てることができるようになってきました。

これによってパソコンを使いやすくなったと言えるでしょう。例えば、デスクトップ環境はウィンドウシステムを用いていますし、GUIもウィンドウシステムの一部だと言えるでしょう。ウィンドウシステムはソフトウェアとして提供されていますから、それを用いないということもできます。例えば、Linuxでは、ウィンドウシステムを搭載しないものもあります。

Windowsでは、最初からウィンドウシステムが搭載されていて、それを使わずに利用するのは難しいですが、基本的にはOSの一部の機能ですから、なくても利用できないわけではありません。最近では多くのウィンドウシステムが似たような操作性をもたせるようになってきているために、OSが異なっても利用の仕方は変わらないという特徴があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *