ソフトウェアの探し方と特徴について

普段利用しているパソコンはソフトウェアとハードウェアの2つで構成されています。

オペレーティングシステムはパソコンを起動するため、パソコンを終了させるため、そしてハードウェアを動かすなどに利用するプログラムであり、必要不可欠な存在です。また、文書を作成する時や表計算を行う時、写真の加工処理、イラスト作成、映像の編集や音楽の再生、メールの送受信、インターネットのホームページを閲覧する時などに利用するのはオペレーティングシステムとは別のアプリケーションが必要になります。

オペレーティングシステムやアプリケーションの事を総称してソフトウェアと呼びますが、アプリケーションの中でもホームページの閲覧するためのブラウザなどは最初からインストールされているので、直ぐにホームページを閲覧する事が出来ます。また、アプリケーションは無償で利用出来るものと、有料となる2つの種類が有ります。何をするのかにより必要なアプリケーションは異なりますが、アプリケーションとなるソフトウェアは色々な人が作成をしたものがインターネットの中で公開されており、これをシェアウェアと言います。

シェアウェアはアプリケーションソフトウェアの1つでもあるのですが、個人が作成したものを無料で公開をしていたり、有料になる事で全ての機能が使えるようになるなど様々です。また、有料のアプリケーションはお試し期間が設けられているものもあり、利用してみて良ければ購入できると言うタイプも在ります。
プログラミングスクールのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *