プログラミングのスクールで学べる言語

プログラミングのスクールではさまざまな言語が学べます。

昔はC言語が主流でしたが、現在人気が高いのはJavaです。PHPやPerl、JavascriptなどはWEBアプリケーション開発用の言語ですが、サイト作成やスマートフォンアプリ開発をしたいならおすすめです。最終的にはJavaを習得したいが、まずは初心者向けのPHPなどから始めてみようと考えて、スクールではPHPのコースを受講する人もいますが、それも悪くありません。実は、最初に学ぶプログラミング言語がなんであるかはとても重要です。

なぜかというと、多くの人は最初に学んだ言語でプログラミングに苦手意識を感じ、習得をあきらめてしまうからです。Javaなどの本格的な言語を選択する人は、ハードルが高すぎて途中で挫折してしまう可能性も考えておきましょう。たしかに、最初からJavaやC#などの本格的な言語を習得できたら素晴らしいですが、途中で挫折して技術に対してネガティブな印象を持ってしまうとマイナスです。

2014年に発表された新しいプログラミング言語であるSwiftも注目を集めています。新しい言語の中ではSwiftが一番人気急上昇かもしれません。Swiftは主にiPhoneアプリの制作で使われる言語です。スクールで学ぶなら、将来にも役に立つ言語を選択しておきましょう。せっかく勉強したのに使い道がないというのでは悲しいです。その意味でもSwiftやPHPなどがおすすめですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *